So-net無料ブログ作成

帰省中におけるラーメンの記録。 [麺類。]

沖縄に移住しても食べ続けているものがあります。

ラーメンとカレーです。
お子様メニューな感じですが、やっぱり慣れ親しんだ味。

沖縄はラーメン不毛の地、なんて言われてましたが今は実力店も続々。
内地に遜色のないお店もたくさんあります。


帰省中、食べたラーメンは2店。
一つは品達にある『つけめん TETSU』。

西日暮里・千駄木の行列店です。
ここは昨年末食べて以来、もう5回目ぐらいかも。

pic012.jpg

今回は移住後、麺が浅草開花楼から自家製に切り替わったとのことで確認も含め。
スープはやっぱりTETSUの味、流行の味なんだろうなぁと思いながらも美味しい。
麺はちょっと平麺に近い形状、個人的には開化楼の方が好きだったな。

時間は既に13時半過ぎでしたが、一番混んで少し待ちました。
今の品達はある意味、この店でもってるのなぁなんて気がしました。


2店目は我が故郷、新座の有名店『ぜんや』。

ここは新座で唯一と言っていいぐらい全国区な有名店。
塩ラーメンのお店、メニューは塩ラーメンと餃子、チャーシュー丼だけ。

「美味い!」
「大したことない」

など様々な話題を振りまき、土日は1時間以上並ぶなんて話も聞いたり。
ラーメン1杯にそこまで並ぶ気力はなく、初めて行ったのは移住前の5月。


澄んだスープは確かに美味い。
麺もちぢれのある中太麺もこのスープに合っている。
具はシンプルだけど、何よりメンマが美味しい。

今回は市役所に行く途中訪問。
平日の13時過ぎでも行列、10人ぐらいかな?
メンマラーメン大盛を注文。

pic001.jpg

やっぱり美味い。
ただ若干味が濃いので、最後の方が辛いかも。
それでもスープ完飲、健康には良くないだろうなぁ。

機会があれば1度是非。
場所が多少辺鄙なのと、並ぶ覚悟があればってとこで。


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

帰省。 [非日常。]

15日から22日まで、埼玉の実家に帰省していました。
一部の方しか連絡していなかったので、こっそり帰郷になりすみません。

やっぱり移住して、5ヶ月で帰ってくると・・・ちょっと情けないかなぁってのもあり。
ホームシックというよりは、息抜き兼ねて故郷の家族に会いに帰ったって感じかな。


80を過ぎた祖母にも会えたし、今は独立している妹にも会えたし。
大切な友人や家族と時間を共有でき、元気をもらいました。


一応、土曜は神戸戦に。
5月のガンバ戦以来だから、5ヶ月振り。

pic002.jpg

まっ、酷い内容でしたな。
でも、それでもレッズが好き。
弱くても、しょぼくても、浦和レッズが一番です。

もう人生の半分、レッズと共に・・・だからね。


代官山にある『Cafe58』にも足を運びました。
ここは自分が高校生の頃から通っていたお店、だからもう13年ぐらい。

pic003.jpg

元々、米米CLUBのメンバーがオーナーのお店です。
事務所が京橋にあった頃、毎週水曜日にカレーのケータリングで来ていたのは実はこのお店。

pic004.jpg

色々ランチの仕組みが変わっていたけど、やっぱり美味しいし大好きなお店。


いくつか紹介したいお店があるので、それはまた別の機会に。


一つだけ。
自分が沖縄の生活にどっぷり慣れたんだなぁと思うことがしばしば。
電車に乗っても、道を歩いていても、どこか違和感がありました。

それが自分自身にとって、一番の驚きだったかな。
ただ、スタジアムに行く時は何も変わっていなかった。


来年、また帰ります。
その時はよろしく。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

神々の舞踏会。 [日常。]

沖縄に来て、生活してみて。
東京にはなかった自然に囲まれて。

空も、海も、緑も、空気も、街並みも違う場所。
内地には、東京にはない、手に入らない場所。

 

そんな沖縄を切り取った仲程長治さんの写真展「神々の舞踏会」。

仲程長治さんは・・・Chojiさんの方がいいかな。
石垣島出身の写真家で、ワイルドターキーとポーク玉子をこよなく愛する人。
首里のカレー屋 ポケットマーニーが大好きな人でもある。

出会いは昨年、居酒屋おとんの周年の席にて。
そこに居た方々がが「天才写真家だよ!」と教えてもらったけれど・・・その時はピンと来ず。
だってただ酔ってるおじさんに見えたんだもん。
(Chojiさん、すいません)


帰ってFlickrのアルバムを見てみる。
http://www.flickr.com/photos/chojinakahodo/

『すげぇ・・・』
これが最初の素直な感想。

芸術とかアートとか、どこが良いとか小難しいことはわからない。
でも見た時、触れた時、自分の中に残るモノと残らないモノがある。
残ったモノが自分にとっての芸術とかアートだって思ってる。

Chojiさんの写真をパソコンの画面から見た時、グッと入ってきた。
花や草木、空や海、動物や風景が何か押し寄せてくるような感覚。

ただ単にキレイってことではなく・・・うーん、やっぱり説明するのは難しい。

pic001.jpg

パソコンの画面で見るものとは違う、写真達。
沖縄だからこそ、表現できた写真なんだろうなぁ。

pic003.jpg 


11月3日まで、沖縄県宜野湾市 CAFE UNIZONにて開催中。
http://www.cafe-unizon.jp/index.html


コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。