So-net無料ブログ作成

帰省中におけるラーメンの記録。 [麺類。]

沖縄に移住しても食べ続けているものがあります。

ラーメンとカレーです。
お子様メニューな感じですが、やっぱり慣れ親しんだ味。

沖縄はラーメン不毛の地、なんて言われてましたが今は実力店も続々。
内地に遜色のないお店もたくさんあります。


帰省中、食べたラーメンは2店。
一つは品達にある『つけめん TETSU』。

西日暮里・千駄木の行列店です。
ここは昨年末食べて以来、もう5回目ぐらいかも。

pic012.jpg

今回は移住後、麺が浅草開花楼から自家製に切り替わったとのことで確認も含め。
スープはやっぱりTETSUの味、流行の味なんだろうなぁと思いながらも美味しい。
麺はちょっと平麺に近い形状、個人的には開化楼の方が好きだったな。

時間は既に13時半過ぎでしたが、一番混んで少し待ちました。
今の品達はある意味、この店でもってるのなぁなんて気がしました。


2店目は我が故郷、新座の有名店『ぜんや』。

ここは新座で唯一と言っていいぐらい全国区な有名店。
塩ラーメンのお店、メニューは塩ラーメンと餃子、チャーシュー丼だけ。

「美味い!」
「大したことない」

など様々な話題を振りまき、土日は1時間以上並ぶなんて話も聞いたり。
ラーメン1杯にそこまで並ぶ気力はなく、初めて行ったのは移住前の5月。


澄んだスープは確かに美味い。
麺もちぢれのある中太麺もこのスープに合っている。
具はシンプルだけど、何よりメンマが美味しい。

今回は市役所に行く途中訪問。
平日の13時過ぎでも行列、10人ぐらいかな?
メンマラーメン大盛を注文。

pic001.jpg

やっぱり美味い。
ただ若干味が濃いので、最後の方が辛いかも。
それでもスープ完飲、健康には良くないだろうなぁ。

機会があれば1度是非。
場所が多少辺鄙なのと、並ぶ覚悟があればってとこで。


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。