So-net無料ブログ作成
検索選択

2000.11.29-。 [浦和レッズ。]

2000.11.29-



順調かに見えた序盤。
J2で初めての敗北、そして崩れ行くチーム。
横山謙三の総監督就任。
J1昇格へのファイナル5。



そして、あの日。

勝てばJ1昇格。
相手はサガン鳥栖。

アジエルのゴール、先制。
しかし直後にDFとGKの連携ミスにて失点。
そしてDF室井一発退場、PK。
大分の結果如何では、J1昇格できない。



ルシアノ、PK失敗。



そして、延長へ。



延長突入前、アップで駆け抜ける岡野。
ジョホールバルでの1997年仏W杯最終予選イラン戦と同じ光景。
湧く駒場スタジアム



絶対に勝たなくてはいけない。
辛かったJ2での1年。
最後の闘い。



アジエルに対するファール、阿部のフリーキックが跳ね返り、途中交代の土橋の前へ。
土橋のシュートは放物線を描き、スローモーションのようにゴールに吸い込まれる。
一年前とは違う涙の、Vゴール。



選手が、サポーターが、泣いている。
スタジアムで、テレビの前で。



鳴り響くWe Are Redsコール。
長かった1年がようやく終わりを告げた。

 


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

1999.11.27-。 [浦和レッズ。]

1999.11.27-



1stステージの低迷。
監督 原博美の解任。
司令塔 小野伸二の大怪我。
J1残留へのファイナル4。



そして、あの日。

勝てばJ1残留。
相手はサンフレッチェ広島。

点が入らない。
ジリジリする展開、時間だけが過ぎていく。
降格を争う、ジェフ市原(当時)は勝利。
レッズは90分で勝たなければ、降格。



タイムアップ



浦和レッズ、J2降格。



それでも試合は終わらない。
当時のJリーグは90分が終わって同点の場合、サドンデスのVゴール方式を取っていた。
すなわち、この試合の勝敗を決めるだけの延長戦。



勝利に、意味はあるのか。
既に決まったJ2への降格。
勝っても負けても引き分けても、J2降格。



試合終了のホイッスル。
福田正博のVゴール。
涙の、Vゴール。



選手が、サポーターが、泣いている。
スタジアムで、テレビの前で。



鳴り響くWe Are Redsコール。
あの日から始まった長い1年。


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

カフェくるくま。 [旨食。]

宛てもなくドライブ
運転手は自分、気ままにドライブ。

結局いつもの南部東海岸沿い。
ニライカナイ橋からの眺め、好きです。

お腹が空いたので休憩。
やっぱりこのお店は混んでます。
ほとんど観光客だろうなぁ。


でもここのタイ料理、食べてみたかったから待ってみる。

ゆったりとした時間を過ごすこと。
沖縄に来て覚えたことの一つです。

pic002.jpg

辿り着いたのは『カフェくるくま』。
沖縄観光ガイドに必ず載っている、絶景なアジアン・ハーブレストラン。

過去2度ほど訪問済み、ただし食事ではなくドリンクのみでの利用。


タイ料理、大好きなんです。
というか、エスニックは基本的に何でも好き。
パクチー万歳な、そんな人間です。

ウチの母、多種多様な食文化に造詣が深く・・・ただの食いしん坊だとは思いますが。
小学生ぐらいの時から、銀座に本店のある「レモングラス」の池袋店に連れてかれてました。

その時食べた『タイスキ』にハマり、チリソースを色んなものにかけて食べたものです。
意外とサッポロ一番塩ラーメンにチリソースを入れると美味かった記憶が。

銀座のタイ料理「サイアム」のランチバイキングや、コリドー街にあった「インドネシア ラヤ」。
有楽町の「コカレストラン」、最後は高田馬場の「ボス」。


久々のタイ料理、迷った挙句に頼んだのは『くるくまスペシャル』。

pic001.jpg


『くるくまスペシャル』は甘口(チキン)、辛口(ビーフ)、激辛(ポーク)のセット商品。
タイカレーって感じではなく、それぞれ香辛料やハーブの異なるお味で美味でした。

特に気に入ったのは甘口(チキン)かな。
ライスに添えられた焼きチキンに、パッタイ用の唐辛子入りお酢をかけるとあら大変。
これだけでご飯が何杯も食べられそうな、そんなお味でした。


観光客向けの店と侮っていましたが、非常に満足できるお店でした。

ただ非常に人気のあるお店なので・・・混雑とお値段がちょっと通えない部分かな。


また少し寒くなったら、冬の沖縄の海を見ながら熱々辛々タイ料理ってのもいいですね。 

 


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

りゅうちゃん弁当。 [日常。]

昨今キャラクターブームである。
話題になった平城遷都1300年記念事業の「せんとくん」、中日ドラゴンズの「ドアラ」。

沖縄でも「琉神マブヤー」に、南風原には「黄金戦隊かぼっちゃマン」なんてのもある。
http://www.mabuyer.com/index.html


そんな中、ローソンが県内限定でタイアップしたキャラクターがいる。

その名は「りゅうちゃん」。
琉球新報マスコットキャラクターである。
http://diary.ryuchan.jp/

公式サイトには以下とある。

********************************************************************

なまえ:りゅうちゃん
出身地:ニュースの島
身長:新聞を広げたぐらい(約82センチ)
体重:琉球新報朝夕刊約1カ月分
※みんなに会いにいくときは、ちょっぴり大きくなりゅよ。
口ぐせ:「りゅう!」
好きな食べもの:山菜
苦手なもの:大きくなりすぎたプレコ
最近ハマっていること:ブログ

りゅうちゃん日記より引用
********************************************************************


Wikipediaにもしっかりと登録されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%8A%E3%82%85%E3%81%86%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93

恐らく、沖縄在住かそれに近い方しかその存在をご存じないだろう。
そんなりゅうちゃんとタイアップしたローソンが出した期間限定商品。

「りゅうちゃん弁当」
「りゅうちゃんデニッシュドーナツ」
「りゅうちゃんアイス
「りゅうちゃんヨーゴ(473ml)」

滅多にコンビニ弁当は食べないが、何故かCMに惹かれ購入。
これが今流行の「ゆるキャラ」というモノなのか、意外と可愛い

pic001.jpg


450円という価格設定が、子供向けなのか大人向けなのか混乱させる。

pic002.jpg


開けてみてまず目に飛び込んでくるのが、りゅうちゃんの形を模った卵焼き。
ご飯の上にはさけフレークととりそぼろ。
おかずにはチーズハンバーグ、エビフライ、ブロッコリーなど。

意外と満腹、満足。
11月24日まで県内限定。
キャンペーングッズ、意外と欲しい。

この歳で、一体何をやっているんだろう・・・。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

インデアンカレー。 [旨食。]

出会いは2005年。
当時よく見ていたBlogに紹介されていた、大阪のカレー専門店


場所は東京丸の内、TOKIA。
職場からそれ程離れていなかった自分は、11月11日の開店から数日後訪問。

その翌日、再び訪問。


1週間に二度、また初訪問から連続で、なんて店は未だにない。
それぐらいハマり、食べることが喜びになった店。

それが『インデアンカレー』。

pic010.jpg

関西の方にはお馴染みの、味。
初めて食べた時の衝撃は、未だ忘れられない。

「甘い?」
「いや・・・辛い!」

食べたことのない味。
絶対的な甘さの後に、刺激的な辛さが押し寄せてくる。

「こんなカレー食べたことない」


それ以来、オープンから1年間、毎週通った。
本当に途切れることなく、年末年始まで予定を調整して通った。

食べることで元気になれる。
自分にとっては仕事の”合間”に食べるインデアンのカレーが、ご馳走になった。



あれから4年。
足が遠くなり、行くことができなくなったインデアンカレーに再び。

あの頃の行列は、もうなくなっていたけれど。
でも変わらない店舗、そして店長さん。

「大玉ルー大盛」

定番のオーダーだったなぁ、今回は「カレー玉子」。

pic009.jpg


一口、変わらない美味しさ。
何だか嬉しくて自然と笑みがこぼれてしまう。
変な客だろうなぁと思いつつ、一口、一口・・・。

最後は綺麗に、お皿を舐めたいぐらいに。



やっぱり想い出の味。
そして一番大好きなカレー。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。