So-net無料ブログ作成

1999.11.27-。 [浦和レッズ。]

1999.11.27-



1stステージの低迷。
監督 原博美の解任。
司令塔 小野伸二の大怪我。
J1残留へのファイナル4。



そして、あの日。

勝てばJ1残留。
相手はサンフレッチェ広島。

点が入らない。
ジリジリする展開、時間だけが過ぎていく。
降格を争う、ジェフ市原(当時)は勝利。
レッズは90分で勝たなければ、降格。



タイムアップ。



浦和レッズ、J2降格。



それでも試合は終わらない。
当時のJリーグは90分が終わって同点の場合、サドンデスのVゴール方式を取っていた。
すなわち、この試合の勝敗を決めるだけの延長戦。



勝利に、意味はあるのか。
既に決まったJ2への降格。
勝っても負けても引き分けても、J2降格。



試合終了のホイッスル。
福田正博のVゴール。
涙の、Vゴール。



選手が、サポーターが、泣いている。
スタジアムで、テレビの前で。



鳴り響くWe Are Redsコール。
あの日から始まった長い1年。


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。