So-net無料ブログ作成

続「アグー」について考えてみよう。 [日常。]

皆さんは「アグー」ってご存知ですか?

最近は沖縄だけでなく内地でも、意外と飲食店のメニューにあるかもしれません。
ただ・・・きっとどれもそれなりのお値段がするはず。

琉球在来黒豚「アグー」の原種は14世紀頃、琉球(沖縄)に渡って来たと言われる程
歴史のある、とても希少価値の高い豚だからです。

絶滅の危機に瀕していた「アグー」ですが、多くの方々のご尽力で
現在陽の目を見ることができる状態となっています。

ただ、そこには色々な・・・問題があるのです。
是非、その問題を多くの方々に知って頂きたいと思い、今回長文ですがエントリします。
読んで頂いて、ご興味を持たれたり、お考えがある場合はコメント頂ければと思います。

 

 

okifood003.JPG


年明け、mixi仲間のてんもりさんのBlogにアップされた記事。

「「アグー」について考えてみよう」
http://tenmori.exblog.jp/10162451/

読ませてもらって、色々個人的に感じたことがあり、調べてみることにした。
まずてんもりさんのBlogを読んで頂いてから、こちらに目を通して頂きたい。


Blogでは、基本的に「青空放牧豚」山本大五郎さんの投稿文を元に書かれている。
であれば、今回は逆の立場である「JAおきなわ」に対して聞いてみることにした。


お話を聞かせて頂いた先は、JAおきなわの関連会社「(株)沖縄県食肉センター」。

こちらのサイトには、「あぐーとは?」という紹介がある。

http://pig-osc.jp/modules/tinyd3/

基本的にはこれに沿った形でお話頂いた。
まずはその歴史について。


戦後、生産性や食糧難などの問題で琉球在来の「アグー」は
外国産の豚に取って代わられる。
日本ではランドレース(L)、大ヨークシャー(W)、デュロック(D)、バークシャー(B)が
代表的で、これらを掛け合わせて様々な豚が飼育されているという。

http://www.shijou.metro.tokyo.jp/syokuniku/kisotisiki_01_01.html

沖縄から消えたかと思われた「アグー」。

しかし当時名護博物館の館長だった島袋正瓶さんを中心に
北部農林高校の太田先生や農協(JA)が協力し個体数を増やす為の努力が行われた。
※山本大五郎さんのお話だと、名護宏明さんという方もご尽力されたとのこと。


ただ当初は、生産性が低く且つ肉質が異なる「アグー」には畜産農家も消極的だった。
お話によると「アグー」は白豚に比べると脂身が多く身が少ない。
これは即ち「売れる部分が少ない」ことになり、その価値も下がってしまう。
昨今のヘルシー志向もあって、あの「脂」が敬遠されていたという。

またその他にも、外来豚に比べ産出数が少なく(3~4頭程度)飼育にも時間がかかり
生産コストに見合うだけの利益を上げることが困難であり、なかなか普及しなかったらしい。


そんな中、平成8年にJAは「あぐー」の商標登録を行う。

http://www2.ipdl.inpit.go.jp/beginner_tm/TM_DETAIL_FRAME.cgi?3&1&1233137413523347

そして「ブランド」として売り出すことになる。

決定的だったのは「どっちの料理ショー」で紹介されてからだと言う。
ここから一気に「ブランド」が急上昇し、沖縄では「アグー」の看板が目立つようになる。

 

「アグーブーム」に対してJAは自らの商標権を元に、対策に出る。

琉球新報「「あぐー」ブランド化へ JAおきなわ推進協発足」

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-28228-storytopic-4.html

ここには・・・

*********************************

沖縄の在来種である豚「あぐー」の増産や生産管理体制の強化を図る
「JAおきなわ銘柄豚推進協議会」を食肉関連業者などと発足させた。
JAが商標登録している「あぐー」銘柄を適切に管理し、生産から
流通までの体制を関係者が協力して整備することで、肉質の向上とともに
ブランド化の推進を図り、県内外への販路拡大を目指す。

琉球新報 2007年10月20日記事より

*********************************

とある。


お話を聞かせて頂いた「(株)沖縄県食肉センター」によると
「アグー」のブランド化により、多くの畜産農家や販売店から「アグー」が
「乱売」されるようになったという。

果たしてどれが本当の「アグー」なのか。

「ブランド」の失墜を危惧したJAおきなわを中心に、同評議会は発足する。


まず「あぐー」と「アグー」の違い。
商標権を持つ同評議会は以下の通りに取り決めをした。

「あぐー」・・・食肉及び加工品を指す
「アグー」・・・生きた豚のことを指す

そして「あぐー」や「アグー」の定義を定める。
全てを詳しくお聞きする事が出来なかったが、以下のような定義が含まれるという。

・琉球在来豚『あぐー』の血液(雄方)50%以上を有する
・配合飼料(残飯などは使用しないもの)を使い生育した豚
・沖縄県内で飼育されている豚


更に同評議会は、上記の定義を元に各生産(会社)者と使用許諾契約を結ぶ。
2009年1月現在、下記の会社が契約を結んだ生産(会社)者。

・(株)沖縄県食肉センター
・(有)我那覇畜産
・(株)那覇ミート
・沖縄畜産興業(株)
・(株)がんじゅう

「JAおきなわ銘柄豚推進協議会」としては、上記の会社以外から出荷された
「あぐー」は商標権に違反するということで認められない、とのこと。


また基本的に同評議会が取りまとめる形で「あぐー」の生産、流通、販売が
管理されているという。

「ブランド」としての生産数や品質の管理は勿論。
流通・販売先に関しても各会社のバッティングがないように、取り決めがなされている。
例えばA社が生産した「あぐー」はX百貨店に、
B社が生産したものはY精肉店に、という形で。

そして出荷実績に応じて、各各生産(会社)者は「JAおきなわ銘柄豚推進協議会」に
ロイヤリティを支払う。
こういったビジネスモデルが、既に出来上がっているのである。

基本的には、同協議会と協議の上で基準を満たすものに関しては今後も
使用許諾を認めるという。
ただし、不特定に増やすことはブランド力の低下を招く恐れもあり、慎重に進めるとのこと。

 

昨年12月13日、「JAおきなわ銘柄豚推進協議会」は琉球新報、沖縄タイムスという
県を代表する2紙に広告を出した、下記にリンクを貼ります(PDFなので注意!)

http://pig-osc.jp/modules/bulletin/article.php?storyid=4


商標取得から同協議会の設置、そして広告。
更に「(株)沖縄県食肉センター」に伺った内容からまとめてみると
一連の流れは下記の目的を持っている。


・「あぐー」というブランドの更なる確立
・生産性の向上と品質の管理
・流通の管理及び適正化
・「ブランド」価格の維持とその囲い込み



ここからは個人的な意見を。

てんもりさんのBlogに記載のある、琉球在来豚アグー「青空放牧豚」山本大五郎さんや、
てんもりさんのご意見に全面的に賛同したい。


同協議会による「あぐー」の定義は、明らかに「アグー」自体の「種の保存」という
意味合いでなく「利益を生み出せる商品」としての定義でしかないと思う。

「雄方50%以上」ということは、実際は「アグー」のハーフでしかない。
これを「あぐー」と呼び、商標の契約を行っていない畜産農家の「アグー」を一切認めない。
これは商標権の乱用ではないのか?

商標権には下記のような制限がある。


*********************************

一般第三者の利益を考慮した制限

登録商標を構成する文字、図形、記号、立体的形状等のうちで商品又は役務について
取引上普通に使用されているもの、又はその性質上広く一般に使用を認めるべきもので
ある場合に、形式的に商標権の範囲に入ることをもって一般の使用を禁止することは
社会一般の利益に反することになります。

そこで、商標法は、このようなものについては商標権の効力を制限することとしています
(第26条)

http://www.jpo.go.jp/seido/s_shouhyou/shotoha.htm

特許庁ホームページより

*********************************


商標権やネットのドメインについては、昨今多くの問題を抱えている。
「早い者勝ち」の状態が続いており、決して公平ではない。


また品質についても問題があるだろう。
ハーフではない、より純度の高い「アグー」の品質と比べてみたらどうだろうか。
それでも「あぐー」と呼べるのだろうか?


流通・販売についても、抜け駆けを許さない「談合・カルテルもどき」が
行われているのでは?という気がしてならない。

抱え込むということは、大きくなればなるほどに中身が「ブラックボックス」になる。
制度化することを悪いことだとはいわないが、ただオープンに出来なければそれは
結果的にどこかに歪みを生み、結局誰かが損をする。

何が「真実」で、何が「嘘」なのか。
力を持ったものが自らの権力を振りかざし、
「嘘」を「真実」に変えようとしているとしか思えない。

「ブランド」にするならば、もっと違うやり方があるのでは?
努力している畜産農家が皆、喜べる形を作り出す事だって出来るはず。

そしてその喜びは、最終的には消費者に繋がる。
消費者はもっと情報を得る努力をし、考え、利口にならなければ損をするだろう。
ズルイことを考える人間は、もしかしたらそれ以上に頭を使っているのだから。



今回、色々と調べてみて、聞いてみて個人的に思ったこと。
「今を生きる」しか、世の中ないんだろうか?
もちろん「今を生きる」ことは大切だし、
自分自身が今大きなことを言えない立場なのは理解してる。

でもその場しのぎのやり方じゃ、最後は目に見えているのではないだろうか。
その「バランス」をキチンと考えられるように、行動できるように。


最後に、「(株)沖縄県食肉センター」のご担当者様(お名前は伏せます)。
非常に熱心に色々とお話を聞かせて頂きました、本当にありがとうございました。
もしお時間があったら直接ご説明差し上げても、との申し入れもあったぐらいです。
非常に真面目に「アグー」についてお考えになり、頑張ってらっしゃるんだなと感じました。

だからこそ、もっといい方法があるのではないか、と思うのです。


皆さんも是非考えてみてください。
もし「アグー」を口にする機会があったら、今回の話を思い出してみて下さい。

「無関心」は、未来の自分や我々の子供達に対して「罪」だと思います。 

皆さんはどう思いますか?

 

 


コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

風庵のそば懐石 「風まかせ」。 [麺類。]

昨年末、初めて伺ってから3度目の『沖縄そばとやちむん 風庵』。
美味しい沖縄そばが食べられるだけでなく、お店の佇まいや店主の人柄に惹かれました。

予定よりもかなり早く着いてしまったけれど、快く迎えて頂く。
初めて座るカウンター、座敷もいいけどこっちの方が好きかなぁ。

2501867

風庵のそば懐石、2種類あります。
三千円の「風まかせ」、千九百円の「風とおる」。
今回は奮発して「風まかせ」にしてみました。

まずはサラダ、読谷紅豚のハムがアクセントになって美味しいです。

2501868

続いてゆし豆腐2種。
通常のゆし豆腐と梅肉を乗せたもの、この梅肉乗せが個人的にかなりヒットでした。

25018692501870

最初のそばはソーキそば。
澄んだ出汁に歯ごたえのある麺、そして程よく煮付けられたソーキ。
これだけでも大満足な一品。

2501871

続いてしらすとシブイ(冬瓜)の酢漬けを酒肴として。
フーチバー(蓬)を漬けた泡盛を一緒に頂きます、運転手なので我慢。
趣があって、またアクセントとして面白いなぁと感じました。

2501872

次は蓋を開けてビックリ。
沖縄そばの出汁に日本蕎麦の茶そば、そして鰹の2番出汁で湯掻いたほうれん草。
以前から是非一度、美味しい沖縄そばの出汁で日本蕎麦を食べてみたかったんです。
同じような感性、考えに出会えたことにまず感激。
そして味に再度感激、これもっと食べたいなぁ。

2501879

玄米ご飯(雑穀米)とそのお供たち、うっちん漬にきゃらぶき、豚味噌。
ご飯が進みます、白米も好きだけど最近こういうご飯も美味しいと思えるようになったなぁ。

25018802501881

三枚肉の炙り、添えられているのはゴーヤと島人参の温野菜。
炙った三枚肉はそのままでも、ポン酢をつけてもそばの上とは違う表情。
ゴーヤの仄かな苦味と島人参の甘みがより、三枚肉の味を際立たせます。

2501882

〆のそばは、素のそば。
金粉があしらわれた出汁を楽しみ、麺を咀嚼することを楽しみ。
器が空になったら、別に用意して頂いた出汁だけを楽しむ。
そばの入った出汁と、出汁そのものの味の違いに驚愕。
旨味が口に残り、至福の時。

2501883

デザートは2種。
通常メニューのパンプキンぜんざいとチーズの甘味。
南瓜とぜんざいが絶妙にマッチしていて、甘さも丁度いい。
チーズの甘味も濃厚ながらスッキリしたお味、添えられたジャムの甘さでまた違う表情に。

25018842501885

ラストは鎌倉のお店から取り寄せているというコーヒー。
香りも良く、若干の酸味が感じられて爽やかな気分に。
添えられたイチジクのドライフルーツの甘み、タンカンの酸味も合います。

2501886


大満足の懐石はこれにて終了。
数々の沖縄そばと料理、そしてそれらを際立たせる器、やちむんの数々。
これもこのお店の大きな魅力なんだなと、全体を通して再確認。
やっぱり器って大切だなぁと感じました。

時間は2時間弱ぐらいかかりますが、ゆっくり沖縄を楽しみたい方には最高かと。
料理の味は当然、店主との会話や心遣い、お店の雰囲気も含めて至福の時間でした。

ただこの懐石、
初めて沖縄そばを食べる方よりも、ある程度色々なお店で食べてからの方がいいかも。

何故かって?
だって最初からこんな凄いの食べちゃったら、他のお店行かれなくなっちゃう。

まずは風庵でも普通のそばを楽しんで、それからの方がベストかなと思います。

ご興味の在る方、是非。
今度両親が沖縄に来たら連れて行きたいお店No.1です。
ご馳走様でした!

沖縄そばとやちむん 風庵

沖縄県島尻郡八重瀬町友寄108
TEL:098-996-0020
営業時間:午前11時半~午後5時(売れ切れご麺)
定休日:火曜日定休  

 


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

本年もご贔屓に。 [日常。]

新年明けましておめでとうございます。

沖縄で過ごす初めてのお正月。
アパート下の駐車場に停めていた相方の車が2度パンクさせられるという事件が勃発。
新年早々警察のお世話になりました。

ってなことでちょっとバタバタしておりまして、そろそろ始動したいと思います。

旧年中は皆様方に大変お世話になり、また移住という大きな決断・実行をした1年でした。
未だ身分不確定の為、厳しい経済環境の中ではございますが、引き続き頑張って生きます。
楽観はしていないけれど、落ち込んでも仕方ないんでね。

あっ、時間があった分料理の腕が格段に上がりました。


1月の沖縄は少し天気が悪く、肌寒いです。
内地の方から見れば暖かいんだろうけど、こっちにいると夜なんか寒くて。

今月中頃からは北部で緋寒桜が見られるようになります。
2月になればプロ野球のキャンプも始まります。
春先まではホエールウオッチングなんかもできたりします。

有給や代休が溜まっているそこのアナタ。
沖縄でリフレッシュしませんか?
特に中日ドラゴンズファンの方、お待ちしております。
時間に余裕があれば、こっちで遊びましょう。

ってなことで去年、最後に食べたラーメン。
ある意味、一番衝撃を受けたラーメンです。

1029058490_147.jpg

1週間に2度行きました、インデアンカレーやじゃんずのように。
首里にある『島ラーメン 正志や』、今まで食べたことのない味です。

ラーメン好きのアナタ。
仕事も大変だけど、奥さんへの夫婦サービスも兼ねて沖縄なんていかがですか?

本年も宜しくお願い致します。


コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。