So-net無料ブログ作成
検索選択

おきなわJOHO × 有名店コラボ企画「限定麺ふぇすた」。 [麺類。]

「ぴあ」や「TOKYO Walker」、「TOKYO1週間」。
これらは関東近郊のデートスポットやグルメ、映画、音楽などの情報誌。

沖縄にも、同じような情報誌があります。
「おきなわJOHO」と「おきなわ倶楽部」、内地ではわしたショップで買えたりします。

沖縄に通っていた頃から職場が銀座わしたショップに近かった為、よく買っていました。
特に「おきなわJOHO」が「沖縄そば」の特集を組む時は、生唾飲み込みながら読んでたなぁ。


気づいたら移住後も、「おきなわJOHO」毎月買ってます。
紹介されるお店なんかは結構先月号と今月号、同じ店が載っていたりしますが。

その「おきなわJOHO」がここ数年、2月号で特集するのが「ラーメン」。
本Blogでも度々、いや結構な頻度で紹介してますが、沖縄のラーメン店は非常に力をつけています。


そして2009年2月号の特集は「オキナワラーメン最前線」。
新店から有力店、多くのお店が紹介されており、沖縄のラーメンを知るにはもってこい。

http://www.okinawa-joho.net/sonota/joho.html

更に!
今回は「おきなわJOHO」と県内有名店の共同企画「限定麺ふぇすた」を開催。
期間は2月1日~28日までの1ヶ月間、県内10店舗が週替りで限定麺を提供。

2月1日~7日
・らーめん まるよし 「貝出汁湯麺」
・たっちゃんらーめん 「魚骨ラーメン」
・我流家       「濃厚つけ麺 Type-1」

2月8日~14日
・武蔵家 沖縄本店  「ムサ塩麺」
・和風らぁめん はるや「真鯛塩らぁめん」

2月15日~21日
・沖縄 大勝軒 那覇店 「極太つけ麺」
・島ラーメン 正志や 「月見カリーそば」
・ラーメン ちゃんや 「辛味噌ハードコア」

2月22日~28日
・麺や 和楽     「潮騒」
・通堂 西原店    「赤いラーメン」


以上10店舗。
本日時点で第3週に突入、これまで計4店食べてきたので記録しておこうと思います。


第1週に行ったのは宜野湾市普天間にある「らーめん まるよし」。
以前から気になっていたお店であり、「貝出汁湯麺」という名前からして食指が動きました。

「おきなわJOHO」によると蛤やあさりを使った貝類、豚骨、魚介のトリプルスープとのこと。
潮汁やあさりのみそ汁、ボンゴレなど貝出汁に目がないので嫌いな筈はない。

1070501816_74.jpg

最初の一口は・・・あまり貝出汁の強さを感じない、優しい味。
麺は太めで美味しい、トッピングの白髪葱もスープに合うなぁ。

葱の上には出汁を取ったと思われる貝の身が刻んで乗っている。
これを混ぜて食べると、貝の風味が強くなって、個人的に丁度いい味に。

この味、どこかで似たような感じを食べたことあるなぁと・・・。
お店を出た後で気づいたのだけれど、練馬のじゃんずの塩にちょっと似てるかも。

噂に違わぬ味です、ご馳走様でした。


第2週に行ったのは2店、1店目は浦添にある「和風らぁめん はるや」。
ここも魚介系の限定麺、その名も「真鯛塩らぁめん」。

「おきなわJOHO」によると鶏や豚など動物系と真鯛出汁、さらにアゴや煮干、椎茸などの魚介系の
トリプルスープとのこと。

1077989628_30.jpg

食べてみての感想、それほど魚介を意識するような味ではないなぁという感じ。
3色のつみれ(ノーマル、イカ墨、梅)がラーメンの具材としては面白い。
ただまるよしの貝汁の方が、個人的には好みかなぁ。

残念だったのは、開店間際で限定麺効果もあって非常に混雑していたこともあり・・・
仕方のないことだと思いつつ、スープが温かったこと、かと。

ここのお店は餃子も美味しいらしいので、次回はレギュラーメニューで再訪したいですな。


第2週目もう1店は那覇 久茂地にある「武蔵家 沖縄本店」。
ここは横浜家系、六角家系の吉祥寺・武蔵家の沖縄店だそうです。
このお店の限定麺は『ムサ塩麺』。

おきなわJOHOによると「特製こってり豚骨にあごと県産島マースのスープ」とのこと。

BLOG0792.jpg

出てきたラーメンにはアーサや水菜、白髪ねぎの乗った塩とんこつ。
こってりだけど、アゴ出汁だからなのか意外と後味スッキリ。

今回の限定麺のなかでは、なかなか好みの味でした。
ただ惜しむらくはクーポン利用で頼んだトッピングが出てこなかったこと。
スペシャルトッピングが何かわからなかったからってのもあり、帰宅してから気づきました。

沖縄でも家系の味が楽しめるのは貴重なので、重宝しそうです。


第3週目、最初の1店は「沖縄 大勝軒 那覇店」。
東池袋大勝軒からの暖簾分け、沖縄でも大勝軒の味が楽しめます。
このお店の限定麺は『極太つけ麺』。

おきなわJOHOによると「通常の麺の倍以上に太い麺を使用」とのこと。
「スープもこの麺に合うように豚骨や鶏ガラ、煮干やサバ節、昆布を増量し濃厚な仕上がり」と。

BLOG0810.jpg

しばし待って登場、極太麺だから少しゆで時間が長めなのかな?
その風貌は・・・東京 大崎の行列店「六厘舎」そのもの。
海苔の上に乗った魚粉なんて、そのままです。

麺をそのままで一口。
ちゃんと小麦の香りがします、ただ浅草開化楼とは当然別物です。
スープを一口。
ちょっと温いのかなぁ、食べやすいと言えば食べやすいけど。

味は・・・六厘舎オマージュという印象。
大勝軒寄りの、六厘舎よりもスッキリした濃厚さって感じでしょうか。
いい意味で「アリ」だと思います。
個人的に麺もスープも美味しかったです

 

ということで全10店中4店頂きました。
個人的には「まるよしの貝出汁」、「大勝軒の極太」が好みかな。
限定なんで今後レギュラー化されるかは微妙ですが・・・機会があればまた是非食べたい味です。

なお今後に関しては「島ラーメン 正志や」と「麺や 和楽」を食べる予定。
なるべく節制しつつ、今月のラーメンライフを堪能したいと思います。


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

キャンプ。 [日常。]

キャンプと言えば「キャンプファイヤー」。

中学2年の林間学校でやった気が。
「キャンプファイヤー」って何の目的があるんだろう、って思ってました。

Wikipediaによると大元はやはり宗教的儀式、らしい。
日本には戦後、GHQによって持ち込まれ、学校教育に取り込まれたとある。

中学2年にもなって「親睦」もねーだろ、と思うのは私だけ?
フォークダンスで何を踊ったか、さっぱり記憶がございませんが・・・あんまり印象にありませぬ。


今日見てきたのは「キャンプファイヤー」ではなく、プロ野球の「キャンプ」。
といっても近くで用事があって、ちと寄ったってのが真実ですが。

場所は北谷、これで「ちゃたん」と読みます。
以前は米軍の基地があった場所であり、返還後は「アメリカンビレッジ」など新たな観光スポットに。
沖縄県内で唯一の観覧車があるのもココ、3月には「沖縄国際映画祭」も開催されます。

http://www.oimf.jp/jp/

ここ北谷では「中日ドラゴンズ」が春季キャンプを行っています。
ご存知の通り、沖縄はプロ野球キャンプのメッカ。
2011年からは巨人も一部が那覇でキャンプを行うことが決定。

ちなみに今年は日韓のプロ野球チーム及びその2軍含め15チームが県内でキャンプを開催。

http://www.ocvb.or.jp/card/ja/0600000611.html

ある程度車で走ればキャンプのハシゴなんてのも可能です。

大変申し訳ないのは、私自身が現状のプロ野球に興味がないこと。
以前・・・小学生の頃は実は「西武ライオンズ」のファンでした。
「西武ライオンズ友の会」会員です、・・・懐かしい響きだ。

当時は辻、石毛、秋山、清原、ブコビッチ、バークレオ、デストラーデ、田辺、伊東なんかがいた頃。
垣内が「清原2世」なんて呼ばれたり、鈴木健が期待のルーキーだったり。
投手は現監督の渡辺久、渡辺智、工藤、郭、潮崎、石井丈なんかがいました。

いわゆる「西武黄金時代」をリアルタイムに見ていた小学生でした。
世代的には東尾や松沼兄をギリギリかすっている年代です。


しかし元々サッカーが好きだったので(ご他聞に漏れずキッカケは「キャプテン翼」)
Jリーグが開幕する前年に開催されたナビスコカップからレッズサポとなります。

それ以降はほとんど野球には興味が持てず、今の選手も知識ほぼゼロに等しいかと。
一昨年ぐらいに中日の北谷キャンプで見てわかったのは、解説で来ていた「与田」ぐらいでした。

ということで、少しだけ雰囲気を味わいに球場周辺へ。

BLOG0805.jpg

サブグラウンドでは、選手達が汗を流しています。

BLOG0802.jpg 


人だかりが!皆サインしてもらっている!!
でも誰だかわからない・・・。

BLOG0803.jpg

帰って調べてみると「森 繁和バッテリーチーフコーチ」でした。
昔西武にいたなーと、忘れてしまってごめんなさい。
また谷繁が自転車で駆け抜けていったり、結構アットホームな感じです。


那覇から一般道を使って40分程度。
野球好きな方は2月は上手く有給などを活用して、キャンプ巡りをどーぞ!

ちなみに!Jリーグチームのキャンプはジェフ千葉が唯一、石垣島で行いました。
昨日は横浜FCとプレシーズンマッチを行い、2-0で横浜FCの勝利。
個人的に予定があった為行かれませんでしたが、今度の22日にはFC東京vsコンサドーレ札幌の試合があります。

Jのチームも、もう少し沖縄に来てくれると嬉しいんだけどなぁ。

 


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

沖縄生活。 [日常。]

随分慣れてきた気がします。
もちろん狭い範囲ではありますが。

例えば車の運転。
沖縄のタクシーはかなり無謀な運転をする場合があります。
客待ちのノロノロ運転、急停車に急発進、強引な割り込み、などなど。

元々はせっかちな方ですが、今は多少余裕を持って運転できてるかな。
焦っても事故の元になるだけ、下手に車間詰めるよりも空けた方が渋滞も減るみたいだし。


食堂でも、不慣れだと戸惑います。
ハイシーズンの沖縄ではよく見かける風景、満席の食堂での観光客ご一行様。

所々歯抜けで席が空いていたりします。
4人テーブルに1人で食事しているおじさんがいたりで。

家族だったり旅行だと難しいのだろうけど、お店のおばちゃんに言って相席。
沖縄の食堂では普通の光景、ちゃんと相席の相手には一言伝えてから。

今はオフシーズンの沖縄ですが、お昼時の食堂は大混雑。
でもみんな、助け合って、譲り合って生きているのです。


先日のネットオフ企画お食事会も同様。
初めて会う方々が沢山、年齢も職業も、出身も色々。

内地でも色んな機会があって、色んな形で沢山の方々にお会いしてきました。
でもどっか、やっぱり沖縄に来てからとは違うんだよなぁ。

この違いは、何なんでしょう?
別に全ての方がうちなーんちゅではなく、内地出身者も沢山居るのに。

居心地いいです、沖縄。
大変なことも悩みも、辛いこともあるけれど。
ハンズもロフトも、牛めしの松屋も、タリーズもないけれど。

そういえばジュンク堂が那覇に出来るそうです、かなり嬉しい。


写真は食堂で食べた「ソーメン汁定食」。
想像していたものよりも美味しくてびっくり。

BLOG07715.jpg 


もう1枚はお食事会での料理の様子。
手振れが酷くて、既に皆さん満腹状態、箸が止まっている段階でしたが。
美味しすぎて食べ過ぎてお腹一杯でした。

BLOG0775.jpg

やっぱり住んでみないとわからないこと、沢山です。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。