So-net無料ブログ作成
検索選択

おきなわJOHO × 有名店コラボ企画「限定麺ふぇすた」。 [麺類。]

「ぴあ」や「TOKYO Walker」、「TOKYO1週間」。
これらは関東近郊のデートスポットやグルメ、映画、音楽などの情報誌。

沖縄にも、同じような情報誌があります。
「おきなわJOHO」と「おきなわ倶楽部」、内地ではわしたショップで買えたりします。

沖縄に通っていた頃から職場が銀座わしたショップに近かった為、よく買っていました。
特に「おきなわJOHO」が「沖縄そば」の特集を組む時は、生唾飲み込みながら読んでたなぁ。


気づいたら移住後も、「おきなわJOHO」毎月買ってます。
紹介されるお店なんかは結構先月号と今月号、同じ店が載っていたりしますが。

その「おきなわJOHO」がここ数年、2月号で特集するのが「ラーメン」。
本Blogでも度々、いや結構な頻度で紹介してますが、沖縄のラーメン店は非常に力をつけています。


そして2009年2月号の特集は「オキナワラーメン最前線」。
新店から有力店、多くのお店が紹介されており、沖縄のラーメンを知るにはもってこい。

http://www.okinawa-joho.net/sonota/joho.html

更に!
今回は「おきなわJOHO」と県内有名店の共同企画「限定麺ふぇすた」を開催。
期間は2月1日~28日までの1ヶ月間、県内10店舗が週替りで限定麺を提供。

2月1日~7日
・らーめん まるよし 「貝出汁湯麺」
・たっちゃんらーめん 「魚骨ラーメン」
・我流家       「濃厚つけ麺 Type-1」

2月8日~14日
・武蔵家 沖縄本店  「ムサ塩麺」
・和風らぁめん はるや「真鯛塩らぁめん」

2月15日~21日
・沖縄 大勝軒 那覇店 「極太つけ麺」
・島ラーメン 正志や 「月見カリーそば」
・ラーメン ちゃんや 「辛味噌ハードコア」

2月22日~28日
・麺や 和楽     「潮騒」
・通堂 西原店    「赤いラーメン」


以上10店舗。
本日時点で第3週に突入、これまで計4店食べてきたので記録しておこうと思います。


第1週に行ったのは宜野湾市普天間にある「らーめん まるよし」。
以前から気になっていたお店であり、「貝出汁湯麺」という名前からして食指が動きました。

「おきなわJOHO」によると蛤やあさりを使った貝類、豚骨、魚介のトリプルスープとのこと。
潮汁やあさりのみそ汁、ボンゴレなど貝出汁に目がないので嫌いな筈はない。

1070501816_74.jpg

最初の一口は・・・あまり貝出汁の強さを感じない、優しい味。
麺は太めで美味しい、トッピングの白髪葱もスープに合うなぁ。

葱の上には出汁を取ったと思われる貝の身が刻んで乗っている。
これを混ぜて食べると、貝の風味が強くなって、個人的に丁度いい味に。

この味、どこかで似たような感じを食べたことあるなぁと・・・。
お店を出た後で気づいたのだけれど、練馬のじゃんずの塩にちょっと似てるかも。

噂に違わぬ味です、ご馳走様でした。


第2週に行ったのは2店、1店目は浦添にある「和風らぁめん はるや」。
ここも魚介系の限定麺、その名も「真鯛塩らぁめん」。

「おきなわJOHO」によると鶏や豚など動物系と真鯛出汁、さらにアゴや煮干、椎茸などの魚介系の
トリプルスープとのこと。

1077989628_30.jpg

食べてみての感想、それほど魚介を意識するような味ではないなぁという感じ。
3色のつみれ(ノーマル、イカ墨、梅)がラーメンの具材としては面白い。
ただまるよしの貝汁の方が、個人的には好みかなぁ。

残念だったのは、開店間際で限定麺効果もあって非常に混雑していたこともあり・・・
仕方のないことだと思いつつ、スープが温かったこと、かと。

ここのお店は餃子も美味しいらしいので、次回はレギュラーメニューで再訪したいですな。


第2週目もう1店は那覇 久茂地にある「武蔵家 沖縄本店」。
ここは横浜家系、六角家系の吉祥寺・武蔵家の沖縄店だそうです。
このお店の限定麺は『ムサ塩麺』。

おきなわJOHOによると「特製こってり豚骨にあごと県産島マースのスープ」とのこと。

BLOG0792.jpg

出てきたラーメンにはアーサや水菜、白髪ねぎの乗った塩とんこつ。
こってりだけど、アゴ出汁だからなのか意外と後味スッキリ。

今回の限定麺のなかでは、なかなか好みの味でした。
ただ惜しむらくはクーポン利用で頼んだトッピングが出てこなかったこと。
スペシャルトッピングが何かわからなかったからってのもあり、帰宅してから気づきました。

沖縄でも家系の味が楽しめるのは貴重なので、重宝しそうです。


第3週目、最初の1店は「沖縄 大勝軒 那覇店」。
東池袋大勝軒からの暖簾分け、沖縄でも大勝軒の味が楽しめます。
このお店の限定麺は『極太つけ麺』。

おきなわJOHOによると「通常の麺の倍以上に太い麺を使用」とのこと。
「スープもこの麺に合うように豚骨や鶏ガラ、煮干やサバ節、昆布を増量し濃厚な仕上がり」と。

BLOG0810.jpg

しばし待って登場、極太麺だから少しゆで時間が長めなのかな?
その風貌は・・・東京 大崎の行列店「六厘舎」そのもの。
海苔の上に乗った魚粉なんて、そのままです。

麺をそのままで一口。
ちゃんと小麦の香りがします、ただ浅草開化楼とは当然別物です。
スープを一口。
ちょっと温いのかなぁ、食べやすいと言えば食べやすいけど。

味は・・・六厘舎オマージュという印象。
大勝軒寄りの、六厘舎よりもスッキリした濃厚さって感じでしょうか。
いい意味で「アリ」だと思います。
個人的に麺もスープも美味しかったです

 

ということで全10店中4店頂きました。
個人的には「まるよしの貝出汁」、「大勝軒の極太」が好みかな。
限定なんで今後レギュラー化されるかは微妙ですが・・・機会があればまた是非食べたい味です。

なお今後に関しては「島ラーメン 正志や」と「麺や 和楽」を食べる予定。
なるべく節制しつつ、今月のラーメンライフを堪能したいと思います。


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。