So-net無料ブログ作成

みそ汁。 [旨食。]

沖縄の食堂にあるメニュー、みそ汁。

内地の感覚だと「おかずとご飯、みそ汁は別なのかぁ・・」となりますが、ちと違うのは有名な話。
大抵が「みそ汁定食」として目の前に出されるのが沖縄のみそ汁。

が、しかし。
沖縄に約7年通い、もうすぐ移住して2年のワタクシ。

食堂で生まれて初めてみそ汁を注文してみました。


場所は辻の「だるま食堂」。
宮古そばとみそ汁が有名な、ごく普通の食堂です。

ピーク時間からは少し外して行きましたが、それでもお客さんが続々。

001_800x600.jpg


具はポーク、豚肉、かまぼこ、レタス、たまごは好みでアリ、ナシが選べます。
具沢山のみそ汁、それが沖縄のみそ汁。

002_800x600.jpg 


以前そばを食べて美味しいなぁとの印象、みそ汁も旨い。
これだけで十分、他にいらないと思わせるみそ汁でございました。

二日酔いの昼に・・・なんて聞いていたけど、いつでも美味しいです。
機会があれば是非。


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

沖縄の毎日。 [日常。]

内地に比べれば暖かい沖縄の冬。

気づけば日本一早い海開きも終わり、少しずつ夏に向けて走り出した沖縄の春。

 

住めば都とよく言いますが、沖縄は決して「楽園」ではありません。

青い海、温暖な気候、人々の温かさ、ゆったりと流れる時間・・・etc。

 

でもそれって内地で働いていた時に、自分の身近になかっただけのものってことじゃないのかって。

結局「隣の芝生は青い」ということだけなんじゃないかって。

だから沖縄を離れるってことではないんだけど。

 

どこに働いていても、どこで生きていても大変なことに変わりはありません。

それがわかったのが今回の沖縄移住でした。

 

 

仕事に就いて1年。

4月以降はまた色々変化がありそうです。

そんな中でも変わらずにいたいのは「自分をしっかりと持つ」ことかな。

 

故郷も少しだけ恋しくなってます。

機会があれば前の職場にも顔を出して、どう「変化」したのか見てみたいなって思ってます。

 

沖縄に移り住み、結婚をし、父親になり、仕事をして生きるということ。

自分で偉いとか凄いとはまったく思わないけれど、でも人と違う人生を歩めているのかな。

 

人生は一度きり。

いつか枯れて朽ちるのであれば、後悔しないように生きたい。

何だかそんなことを強く想う、そんなことを書きたくなる、そんな沖縄の毎日です。

 


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。